ところ変われば・・・・・

b0028524_23425870.jpg
共通語では普通の言葉なのに、ある地方の方言ではちょっと恥ずかしくて言えないようなことばになってしまう、そんなことありますよね。

韓国語と日本語でもちょっとおもしろいことがある。
「もっこり」・・・・これはネックレスのこと。日本語ではちょっと、ねえ(笑)
ヨン様のドラマ「ホテリア」では、ヨン様がヒロインのホテルウーマンにネックレスを贈るんだけど、そのヒロインが「い もっこり」(このネックレス)って何度も言うのでちょっと笑いたくなる。
そして、その逆もある。
「ジャージ」・・・そう、日本ではスポーツするときはもちろん、部屋着に、パジャマにと重宝するあれ。でも、韓国ではちょっと赤面してしまう言葉なのだ。
東大門あたりで「あ、このジャージかわいい!」なんて大きい声で言ってはいけない。周りの人はきっと(゜o゜)ゲッ!!となってしまうでしょうから。

ちょっと違うけど「こぐま」なんてのもある。これは、さつまいものこと。なんだかかわいいよね。

探せばきっともっとあるんだろうなあ。まだまだ勉強が足りないのでボキャ貧だあ。
[PR]

by duriancandy | 2006-03-06 23:44 | 韓流