K-20

お正月恒例、元旦映画。
今年はあまり見たいものがない。
そんなきがしたのですが、金城武の「K-20」にしました。
邦画はあまり見ないのだけど、なかなかおもしろかったです。

金城武は香港映画、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」で有名になりましたよね。
「恋する惑星」なんてダサい題名になってるけど、原題はたしか「重慶森林」。
香港でロケ地めぐりしちゃいました。あの、「エスカレーター」とか蘭桂坊のコーヒースタンド、おまけに重慶マンション!
この映画ではトニーレオンのほうがステキでしたが、流暢な(香港映画の中では)日本語にえっ?って思ったのを覚えています。

そんなこんなで金城君が好きだったので、楽しめました。
やはりお正月は笑える、楽しい映画が1番!

年末年始、空気が済んでいたのか、富士山がきれいでした。

b0028524_9531557.jpg



b0028524_9583873.jpg

[PR]

by duriancandy | 2009-01-06 10:06 | ネコバカ